gfx14.com

面接室に入るまでも見られています

面接に落ちても、気持ちの面で気にすることはありません

面接室に入るまでも見られています 面接に落ちることは、どんな人であっても辛いものになります。できるならば、面接には落ちたくないです。就職や転職では、面接に受かることより落ちることの方が多くなります。連続して面接に落ちたりすれば、気持ちは塞いできます。しかし、面接に落ちたからといって、気持ちの面で気にする必要は全くありません。面接に落ちる理由は、大きく分けて2つあります。

一つは、企業の求める人材像とあなたが乖離している場合です。これは、往々にしてあることです。ただ単に、その企業が今求めている人材とは合わなかったというだけのことです。合わなければ、また別の合いそうな企業を探せば良いだけの話です。

もう一つは、ライバルに対してあなたがその企業の求めている人材により相応しくなかった、というパターンです。この場合も特に気にする必要はありません。あなたに取って、より相応しい企業を探せば良いだけの話です。それに、ライバル状況については、あなたの力ではどうすることもできません。どうすることもできないことで、気を悩ます必要はありません。面接に落ちる理由というのは、基本的にはあなたの力が及ばない外部環境による部分が大きい訳です。その結果のみを見て、気持ちを塞ぎ込んでも状況を改善することはできません。寧ろ、あなたはあなたの力で改善できることに注力することがベストです。

Copyright (C)2019面接室に入るまでも見られています.All rights reserved.